お問合せ

logo

0462381966

home

石川園芸について

石川園芸の野菜

ご注文方法

安心・安全のために

収穫カレンダー

一番右に

 

banner

トマトガーデンエビナとは、私も所属している生産グループです。
海老名市内のトマト農家6軒で構成されたグループで
“地産地消”、“環境保全”に取り組んでいます。
私たちが栽培した作物はそのほとんどをユーコープ(生活協同組合)に出荷していてユーコープからは産直産地指定されています。
収穫したトマトはころがさないように選果機を通さず手作業で選別しています。
6人の生産者でハウスから売場まで直結させる地産地消の取り組みとも言えます。ハウスでは、1月から7月まではトマトの栽培、9月から翌年1月までキュウリの栽培が行われています。
どちらもコープの産直として組合員の皆さんから「おいしい」と評判です。

1)組合員の多様な参加があります。
2)生産地、生産者、生産・流通方法が明らかです。
3)生産から流通まで品質保証システムをもって、
         鮮度・食味の維持・改善に努力しています。
4)生産者とは、自立・対等なパートナーシップで進めます。
5)持続可能で環境に配慮した生産・流通を進めます。

トマトの出来を大きく左右するひとつが、堆肥です。
「トマトガーデンエビナ」では、ユーコープ愛川農産セットセンターからでる
「出どころ確かな」生ゴミを活用した堆肥も使っています。 ユーコープ愛川農産センターは、ユーコープの宅配「おうちCO-OP」の
農産品の袋詰めや箱へのセットを行っています。
入荷した農産物を一点一点品質チェックし、お届けできない品質のものを
除外しています。
これらの野菜くずは近くの堆肥会社(株式会社ユニバーサル企画 )に運ばれ、この会社で、野菜くずに牛ふんや馬ふん、おがくずなどを混ぜ、
熟成させ堆肥を作っています。
このように「出どころが確か」な残さでできた堆肥は、とってもよい匂いがします。それは腐っているのではなく、発酵しているからです。
※石川園芸ではこの堆肥を苗作りの時に使用しております。

神奈川県の中央にある海老名市はアクセスがよく、ユーコープの組合員が産地見学や収穫体験にたびたび訪問しています。
2014年6月14日は19人の組合員がトマトの収穫を体験。
その後生産者のみなさんと昼食を食べながら交流し、
農産物の生産現場についての理解を深めました。

 

 

石川園芸では、現在一緒に働いてくださるパートさんを募集しております!
詳しくはお気軽にお電話下さい!